喀痰吸引 実技演習動画による解説

 実務者研修課程の受講科目で医療的ケアは必須科目となっており、講義50時間以外に実技演習も受講する必要があります。

 医療的ケアには、喀痰吸引と経管栄養、救急蘇生法の実技演習がありますが、このページでは、喀痰吸引についての実技演習動画を紹介しています。

 私も以前受講しましたが、かなりの時間を割いて練習した記憶があります。

最初は練習をしますが、手技だけでなく、模擬で利用者への声掛けのセリフもかなりあります。

 ですから、おそらくどこのスクールでも実技演習の手順と内容、声掛けのセリフなどを記載した台本のようなものを配布していると思います。

 まずは、その資料を何回も読んで手技を覚え、次に声掛けや報告内容のセリフを覚える必要があります。

 実際のところ学校の練習だけでは、完全には覚えることができなかったので通学途中や自宅ではイメージトレーニングもやりました。

 喀痰吸引の理解度テストは、本番で15分ほどだったと思いますが、さすがに試験官役の講師の前では緊張しました。

 実技演習の手技の基本的内容はどのスクールでも同じですが、声掛けや報告の仕方、手技の手順などは、個々のスクールにより若干の違いがあります。

 また厚生労働省の研修規定では、口腔内の喀痰吸引、鼻腔内の喀痰吸引、気管カニューレ内部の喀痰吸引については、最低各5回以上の演習を実施することとなっています。

 次に喀痰吸引についての実技演習動画を紹介しますが、この動画を見ておくと、およそどのようなことを学ぶのかがわかると思います。

但し、これはあるスクールでの実技演習事例ですので参考程度にしておいて下さいね。

喀痰吸引 実技演習の手順説明動画(介護職員等医療的ケア研修)

口腔内喀痰吸引 演習手順

鼻腔内喀痰吸引 演習手順

気管カニューレ内喀痰吸引 演習手順

喀痰吸引 実技演習の模擬演習動画(介護職員等医療的ケア研修)

口腔内喀痰吸引 模擬演習

鼻腔内喀痰吸引 模擬演習

気管カニューレ内喀痰吸引 模擬演習

経管栄養の実技演習内容について詳しく知りたい方は、経管栄養 実技演習動画を参考にして下さい。

●下記リンク先ページで紹介しているサイトでは、全国で開講されている実務者研修を都道府県別・地域別より、受講期間、講座開催場所、受講料、学習コース(土日・夜間)、給付金制度の有無、キャンペーン最新情報などの条件から検索し、希望するスクールの講座案内資料をいくつでも無料一括請求できます。

近場で格安・短期取得できる実務者研修の講座情報を一目で一覧比較!詳しくはこちらから!

関連ページ

喀痰吸引器の種類と必要な物品
喀痰吸引器の種類と必要な物品について解説しています。
喀痰吸引の必要性・種類と特徴
喀痰吸引の必要性と種類や特徴について解説しています。
口腔内・鼻腔内喀痰吸引前の準備・確認手順
口腔内・鼻腔内喀痰吸引前の準備・確認内容の手順について説明しています。
口腔内喀痰吸引の実施手順
口腔内喀痰吸引の実施手順について説明しています。
鼻腔内喀痰吸引の実施手順
鼻腔内喀痰吸引の実施手順について説明しています。
気管カニューレの種類と吸引時の注意点
気管カニューレの種類と吸引時の注意点、必要な物品について解説しています。
気管カニューレ内喀痰吸引の実施手順
気管カニューレ内喀痰吸引の実施手順について説明しています。

ページトップへ戻る