土日や夜間に受講できる介護職員実務者研修について

実務者研修の土日講座・夜間講座を簡単に見つけるには?

介護職員実務者研修は、全研修課程450時間の20科目の内、「介護過程V」、「医療的ケア」については、スクーリングでの実技演習が義務付けられていますので、スクール・教室に通学し講師から実技講習を受け修了する必要があります。

実務者研修は、通信講座であっても、全ての研修課程を自宅学習のみで受講し修了することはできません。

そのことを考慮して平日・昼間に通学できない方の為に、土日や夜間に「通学(スクーリング)」可能な講座を開講しているスクールもあります。

実際、介護の仕事で忙しい中、幾種類もある講座を自分で探すのは時間と労力がかかり大変ですが、下記サイトから簡単に探すことができます!

実務者研修の土日・夜間講座

実務者研修の費用や最短・土日・夜間の講座が一目でわかる!詳しくはこちら

 

「土日講座」「夜間講座」は仕事をしながら実務者研修の受講を考えている方平日・昼間に自由に時間が取れない方に、大変人気の講座です!

また「土日講座」と「夜間講座」を一目で同時にチェックすることが可能なので、興味のある講座を効率よくチェックすることができますので、講座が複数ある場合は資料を取り寄せて下さい。

最新の日程表がもらえるので、自分のスケジュールと照らし合わせて受講可能か検討してから受講するようにしましょう。

 ※いくつでも資料請求できますし、その後も勧誘などはありません。

土日講座・夜間講座の受講期間は?

持っている資格によって、決められたトータル受講時間は異なりますし、1週間での受講回数や受講時間もスクールによりバラツキがあります。

土日のスクーリングでは、1日6時間〜7時間、夜間ですと1日2時間〜3時間程度となります。

持っている資格別のトータル受講時間
  • 介護職員基礎研修:
     50時間(400時間免除)
  • ホームヘルパー1級:
     95時間(355時間免除)
  • ホームヘルパー2級または介護職員初任者研修:
     320時間(130時間免除)
  • ホームヘルパー3級または無資格:
     450時間(免除無し)

この受講時間を1日あたりで計算するとおよその受講期間がわかります。

無資格の初心者が実務者研修を受講する場合は、通常6か月の受講期間になります。

介護職員実務者研修の全研修課程と保有している資格別の履修免除科目について詳しくは、 介護職員実務者研修の履修免除科目についてをご覧ください。

受講費用の目安は?

受講費用の目安は、2015年6月現在で、次のようになっています。
  • 介護職員基礎研修:
     3〜9万円
  • ホームヘルパー1級:
     4〜12万円
  • ホームヘルパー2級または介護職員初任者研修:
     10〜20万円
  • ホームヘルパー3級または無資格:
      12〜23万円

スクールにより、大きく異なりますが、これはスクールの規模、人材、研修設備、受講コースの豊富さなどの差によるものです。

なので、受講費用と品質とは関係ありません。

受講費用の差についての詳細は、介護職員実務者研修の受講費用の目安のページで解説しています。

最後に繰り返しになりますが、スクーリングが行われる講座の開催場所を確認せず受講費用(料金)が安いか高いかだけで判断すると、通学先の場所にもよりますが、交通費が余分に必要となり、通学時間も長く拘束されることになります。

近場にある実務者研修の土日講座・夜間講座を探してみる!

●下記リンク先ページで紹介しているサイトでは、全国で開講されている実務者研修を都道府県別・地域別より、受講期間、講座開催場所、受講料、学習コース(土日・夜間)、給付金制度の有無、キャンペーン最新情報などの条件から検索し、希望するスクールの講座案内資料をいくつでも無料一括請求できます。

近場で格安・短期取得できる実務者研修の講座情報を一目で一覧比較!詳しくはこちらから!

関連ページ

介護職員実務者研修 通信講座と通学講座の特徴
介護職員実務者研修の通信講座と通学講座の受講形態の特徴や違いについて解説しています。
最短で介護職員実務者研修の資格を取得するには
最短で介護職員実務者研修の資格を取得するためのポイントやコツ・注意点について解説しています。
介護職員実務者研修を格安な費用で短期取得する5つの手順
介護職員実務者研修を格安な費用で短期取得する為の受講費用キャンペーン情報や教育訓練給付金付金制度・母子家庭自立支援制度の対象講座を紹介しています。
介護職員実務者研修の資格を100%無料で取得する方法
介護職員実務者研修の資格を100%無料で取得できる必見情報と取得するまでの具体的手順を紹介しています。

ページトップへ戻る